みなさんこんにちは。大学生塾講師の〇〇です。

今回は趣向を変えて、家庭教師バイトってどんなもの?というお話をしようと思います。私自身塾講師と家庭教師を掛け持ちしていますが、やっているうちに様々な違いが見えてきました。初めて家庭教師をやってみようとしているそこのあなたのために、その全てを余すところなくご紹介しようと思います。

それでは行きましょう!

「家庭教師バイトってどんな仕事?」です。

 

家庭教師バイトって何をするの?

これはわざわざ説明するまでもないかもしれませんね笑 生徒のご自宅に伺い、勉強を教えます。

ただし、具体的なお仕事は塾同様千差万別です。学校の補習、塾の内容のフォローアップ、受験対策、はたまた資格の取得など…かなり細かく希望が出されています。希望に応えられるものに応募しましょう。

 

家庭教師バイトの時給は?

これも案件によりけりですが、個人的な体感としては2000円は下りません。

もしあなたが難しい条件(最難関大医学部在籍中、国際バカロレア経験者など)を満たしていれば、5000円を超えることも…!かなり割のいいバイトと言えるでしょう。

 

家庭教師バイトってどこから応募すればいいの?

Googleで「家庭教師 バイト」と検索すれば色々と出てきますが、私がおすすめしたいのはこちらの2つです。

東大家庭教師友の会

東大家庭教師ドクター

なぜかというと、私が大学1年生の時、最初にバイトを始めようとした時にお世話になったのがこの2つなのです。結構個人的な理由ですけどね笑 丁寧に研修していただけますし、初めての登録先としてはおすすめです。ただし、東大家庭教師ドクターは現役東大生のみ応募可能ですのでご注意ください。

 

家庭教師バイトのいいところ

まず思いついたのは、塾と比べて圧倒的に拘束時間が短いということです。基本的には、開始の数分前にご自宅を訪問し、授業→時間が来たらご挨拶して退出、というシンプルな形となります。分かりやすいですね。

塾講師の場合、授業後に質問対応や事務作業をしていて、気づいたら何時間もタダで働いていた…というのもザラにあるそうなので、この点は大きな違いかもしれません。

またご家庭で授業をするということで、服装や髪型の制限もそれほどありません。もちろん最低限の身だしなみは必須ですが、そんなことは言われなくても大丈夫ですよね!笑

あとは、当然生徒の変更がないので、長い間集中的に一人の生徒を教えることができます。シフト制の塾だと毎週教える生徒が違うということもあるので、その点思い入れが深くなり一層指導に熱がこもるかもしれませんね。

家庭教師バイトの難しいところ

いいところと表裏一体ですが、カリキュラムの設定、授業の準備、授業、宿題出し、保護者への対応などを、全て自分一人で行わなくてはいけません。この点は私もなかなか苦労しました。何しろ心細いです笑 やっていくうちに慣れていくので、それほど不安に思う必要はないのですけどね。

また一つの場所で何コマも授業を受け持つ、ということができないので、家庭教師バイトだけでやって行くのであれば、複数の案件をうまく掛け持つ必要が出てきます。自分と生徒双方の予定が合わなければいけないので、家庭教師で何人もの生徒を掛け持つのは至難の業と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回記事を書いてみて、塾講師バイトと家庭教師バイトの双方にメリット・デメリットがあるなと感じました。それぞれについてよく吟味した上で、より自分に合っていると思うものを選びましょう!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m